1/2

地址:970花蓮縣花蓮市中正路567號

電話:03-8320166

營業時間:10:00-22:00

Add: No. 567, Zhongzheng Rd., Hualien City, Hualien County 970

Tel: 03-8320166

Opening Hours: 10:00-22:00

住所:970 花蓮県花蓮市中正路567号 電話番号:03-8320166

営業時間:10:00-22:00

麻糬,阿美族人稱之為「杜侖」,係慶典或節日才吃得到的名貴點心。過去尚有「禁房節」的時代,據說阿美老婆需精心製作香Q的杜侖,讓阿美老公出海捕魚這段期間帶著食用,這類傳說突顯了杜侖所含貼心的情與義,也引起宗泰人研究發展的興趣。早期杜侖的製作相當簡單,到了台灣光復前,有位「阿發師」則加以改進,而宗泰人又再精心研製,使它口感更加獨特,餡料更加豐富,唯一不變的是那一份貼心的情與義。就地取材是宗泰人開發產品的原則之一,不祗阿美麻糬系列原料之一紅粟米產於花蓮縣光復鄉,又如花蓮薯花蓮芋等原料,無一不是取自東部地區之農特產品。因此,遊客來到花蓮,總不忘買些阿美麻糬回去餽贈親友,於是一傳十,十傳百千,傳出好口碑,如今,「阿美麻糬」已是花蓮名產之一代表性名詞。

Mochi, called “Turon” by the Amis, was the precious snack that can only be eaten on festivals and celebrations. In the past, sex between couples was forbidden before the husbands went fishing. It is said that the Amis wives had to prepare the chewy Turon for their husband to eat when they went fishing on the sea. The legend suggests Turon’s meaning of love and concern and arouses Jotafood’s interest in developing the products. In the early days, the making of Turon was quite simple. Before the restoration of Taiwan, Master A-fa improved it. Jotagood engaged in the further research and development carefully to give it more unique taste and richer fillings. The only unchanged part is the touching love and concern. Adopting the local ingredients is one of the principles when Jotagood develops new products. One of the ingredients of Amis Mochi, red millet, is grown in Guangfu Township, Hualien County. Besides, the ingredients of Hualien Taro and Hualien Sweet Potato are also the local produce of the east area. Therefore, the visitors to Hualien will never forget to bring some Amis Mochi home as souvenirs to friends and relatives. The fame of the brand is built by word of mouth. Today, Amis Mochi has become one of the representative specialties of Hualien.

麻糬(モチ)はアミ族では「杜侖」と呼ばれ、祝い事や祝の日だけに食べることのできる貴重な料理でした。かつて「禁房節(アミ族の伝統的な祭りの際の慣習)」が行われていた時代、アミ族のご婦人は香り高くモチモチした「杜侖」を心を込めて作り、ご主人が海に出て漁をする時の携帯食にしていたそうです。こうした言い伝えから、「杜侖」には心からの“情と義”が込められていることがはっきりと示されており、宗泰人の研究と発展への興味を引き起こしたのです。初期の「杜侖」の作り方は非常に簡単でした。光復(日本統治時代の終了)前に「阿発師」が改良を加え、宗泰人がさらに心を込めて研究し製造したことにより、ユニークな食感が加わりました。餡の種類もより豊富となりましたが、唯一変わらないのは麻糬(モチ)にこもった心からの“情と義”なのです。

地元から原料を調達することは、宗泰人の商品開発の原則の1つです。阿美麻糬(アミ族のモチ)シリーズの原料の1つ、紅粟は花蓮県光復郷で生産されいます。また花蓮薯、花蓮芋などの原料もどれもみな東部地区の農産品や特産品です。

こうした心配りから、花蓮を訪れた観光客が阿美麻糬(アミ族のモチ)を友人への手土産とすることを忘れることはなく、1つの口コミが10となり、10が100、千となりました。優れた口コミが広まり、現在「阿美麻糬(アミ族のモチ)」は花蓮の名産品の代表的な名詞となっています。